強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

反動?手を洗いなおしたり体を洗いなおしたり

      2017/01/27


昨日は、外のものに触っても手を洗わない・外のものを置いた机を拭かないというのをやりました。朝になっても、手も気にならないし、拭いていない机をそのまま使えています。

そうそう、昨日「机、汚くないんです」と書きましたが、朝に見たらじゃがりこのかけらが(笑) 物質的に汚れてるじゃん!と、笑ってしまいました。でも、ポイっと捨てて、机を指でちょいちょいとこすって、何もついてこなかったので終わりにしました。

 

ただ、治そうとしている反動なのでしょうか。最近は減ってきていた、手の洗いなおしを2回してしまいました。

爪の中の汚れ。手洗いの後に残っていると手や食器を洗いなおしてしまうで書きましたが、手洗いが不十分だと思うと、手と、ときには手を洗うついでに洗った食器と水切りかごも洗いなおしてしまうんです。

手洗いのときに食器を洗わなければ、手だけで済むんですよね。悪化時はそうしていたのに、最近は手の洗いなおしが減っていたので、油断しました。

洗いなおしがなくなるまでは、手洗いと食器洗いは別にします。

 

お風呂でも体の洗いなおしをしてしまいました。

いつも、しつこく洗っている腰から膝上。もう少し時間を短くできないかと、いつもよりこする回数を減らしてみたんです。いつも、体を完璧に洗うまでは座れない風呂椅子にも早めに座れて、楽になった!と嬉しかったのですが。

さあ出ようというときになって、猛烈に不安に襲われました。

「体、洗えていないんじゃない?」「汚いところを流れたお湯が足にかかったんじゃない?」「その体をタオルで拭ける?」

なんでしょうね、この、強迫観念が来た時の気持ち。言うことをきかなければ一歩も動けないという、諦めの気持ち。

DVを受けている人というのは、こんな気持なのではないかと思ってしまいます。

結局、もう一度、腰から膝上を洗って、足も洗って、床も流しなおして、ヘトヘトになってお風呂場を出ました。いつもシャワーだけで50分のところ、1時間10分かかっていました…。

 

その後も、水をおかわりしようとしたらつぎそこねて、コップのふちに水がかかってキッチン台の上にたれてしまったんです。そうしたら、コップのふちは自分が口をつけたところだから、唾液の汚れがコップの底やキッチン台についたんじゃないかと気になってしまいました。

唾液は、悪化時は気にして自分の唇にも触れないほどでしたが、最近はほとんど気にならなくなっていたんですけれどね。

これはさすがに、カップの底とキッチン台をよく拭いて、布巾もよく洗って、それで済ませました。新しいコップを使うか迷いましたが、唾液なんて、くしゃみを抑えそこねたらそこら辺についているんだから!とがんばりました。

でもそういえば、いままで急須やティーポットを使う時に、注ぎ口がカップのふちにつくこともあったような気がします。あれって、おかわりのときにつけると汚かったかも?いやいや、過ぎたことだから、もう忘れましょう。

 

いろいろなことを、いっぺんに治そうとすると無理が出るのでしょうか。焦らずに、少しずつ治していきます。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - お風呂

関連記事