強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を自分で治すまでのブログ。普通の生活を取り戻すためにもがき中

強迫性障害と認知行動療法の本をざっと見た感想

      2017/11/13


大きい本屋さんに行って、自分で認知行動療法をするのに役立ちそうな本を探してきました。

が、どれも一長一短というか…。強迫性障害の患者(私)が、自分で認知療法をするのにベスト!という本は、ありませんでした。

強迫性障害を認知行動療法で治す本が欲しい

私はこう、認知行動療法についての説明+問題集か学習帳のようなものが欲しかったのです。

でも、強迫性障害の本だと、強迫性障害とはどんな病気かに始まり、症例、強迫観念と強迫行動のスパイラルといった説明、体験談が書かれていて。

このような、なぜ自分は強迫性障害になったのか、どういう病気なのか、他にも同じ症状の人はいるのかということは、初期の頃にはくるおしいくらいに知りたかったです。

けれども今は、そこはもうネットでさんざん読んだから要らないんですよ。それよりも治す方法が知りたいです。

認知行動療法の本になると、鬱病や社会で生きづらさを感じている人のための考え方を変える本みたいになっていて、ピンとこない。

そうそう、気をつけなければいけないのは、医師・カウンセラー・臨床心理士といった治療者向けの本もたくさん出ていることですね。これらの本は専門用語がたくさん使われていて難しいです。

というわけで、今日は立ち読みに終わったのですが、どれか買いたいので感想を書いておきます。

図解やさしくわかる強迫性障害

一番いいと思ったのは、Amazonでも上位の『図解 やさしくわかる強迫性障害』でした。

強迫性障害の解説と体験談がかなりのページを占めているものの、エクスポージャーと儀式妨害を使った「自宅でできる6日間の行動療法プログラム」は、かなりやってみたいものでした。

ただ、そこのページが10ページ足らずなので、ちょっともの足りなさを感じました。

図解 やさしくわかる認知行動療法

同じシリーズの『図解 やさしくわかる認知行動療法』も良かったです。

強迫性障害だけを対象にした本ではなく、認知行動療法のやり方が詳しく書かれています。例が対人関係などになっているので、自分で強迫観念に置き換える必要はありますが、やり方が詳しく書かれているので良いです。

1日の予定を細かく書く「週間活動記録表」は、作ってみたいと思いました。

強迫性障害に悩む人の気持ちがわかる本

認知行動療法用でなければ、『強迫性障害に悩む人の気持ちがわかる本』と『実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則 増補改訂』が良かったです。

『強迫性障害に悩む人の気持ちがわかる本』は、患者の周囲の人に向かれて書かれた本です。

けれど、強迫性障害に対する理解の仕方が書かれているので、患者自身が読むと作者に理解してもらえたという気持ちになれます。こんな風に思うのは自分だけなのではとか、誰にもわかってもらえないという孤独を感じている人にもいいかも。

私は立ち読みしていたのに涙が出てきて、あやうく泣きそうになってしまいました。

実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則

『実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則 増補改訂』は、その名の通り強迫性障害だった方が書かれています。医療的な理論とは違う見解があり、新鮮でした。

私が思っていた「不潔恐怖症は強迫性障害の中でも独特なのではないか」というのと同じ意見が書かれていて、嬉しかったです。

ただ、「手洗いや確認は1回まではしていい」とか、他の本とは違うことが書かれています。たぶん医学的な専門家ではない方なので、これを信じていいのか?治るのか?という疑問が残りました。

 

他にもいろいろ見て、薄い本でも意外といいなと思ったり、専門家向けの本でもがんばれば読めそうとか、読みたい本がたくさんありました。

とりあえず、『図解 やさしくわかる強迫性障害』か、『図解 やさしくわかる認知行動療法』を買おうと思います。

Amazonでの「強迫性障害」の検索結果はこちら

追記
このあと、いろいろな本を読んだのでおすすめの本をまとめました。
強迫性障害のおすすめ本。私が治るのを助けてくれた3冊+α

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 強迫性障害・不安障害の本

  関連記事

『強迫性障害に悩む人の気持ちがわかる本』の感想

『強迫性障害に悩む人の気持ちがわかる本』を読みました。ずいぶん前に立ち読みをして …

『不安もパニックも、さようなら』の感想。40の認知行動療法から合う治療法を探す

『不安もパニックも、さようなら』を読みました。 うつ病に対する認知行動療法のベス …

『強迫性障害からの脱出』の感想。行動療法の教科書的な本

『強迫性障害からの脱出』を読みました。 Amazonのレビューに、「病院に入院し …

『規格外な夫婦』の感想。問題は強迫性障害なのか性格なのか

本『規格外な夫婦』を読みました。 夫「まことくん」の強迫性障害と、妻である著者「 …

『 医療スタッフのための 動機づけ面接法 逆引きMI学習帳』の感想。治す気がない場合はどうすればいいのか

『 医療スタッフのための 動機づけ面接法 逆引きMI学習帳』を読みました。 私は …

『認知行動療法のすべてがわかる本』の感想

『認知行動療法のすべてがわかる本』を読みました。 強迫性障害の治療法には曝露反応 …

コミックエッセイ『強迫性障害です!』が2/28発売

コミックエッセイ『強迫性障害です!』が、2018年2月28日(水)に発売されます …

『図解 やさしくわかる強迫性障害』の感想

『図解 やさしくわかる強迫性障害』を読みました。買うときには、3章の認知行動療法 …

強迫性障害におすすめの本。私が治るのを助けてくれた3冊+α

強迫性障害を治すために、治療法や体験談が書かれた本を読んできました。 人気の本を …

『「子供を殺してください」という親たち』の感想。漫画化がコミックバンチwebで読める

『「子供を殺してください」という親たち』を読みました。病識がない精神病の患者を医 …