強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

強迫性障害の苦しみは銃で脅迫されているイメージ

   


アメリカで強迫性障害を患っていた双子の姉妹が亡くなったというニュースがありました。

二人は子供のころから強迫性障害を発症し、3年ほど前に脳深部刺激療法を受けて改善していたそうです。

双子の姉妹が訴える、強迫性障害の苦しみ

3月、コロラド州ロイヤル・ゴージ・ブリッジ&パーク付近に停めていた車中で、サラ・エルドリッチさん、アマンダ・エルドリッチさん姉妹が遺体で発見された。

二人はコロラド州ブルームフィールド在住で、33歳の双子の姉妹。2017年、テレビ番組のトークショーThe Doctorsに出演し、強迫性障害(obsessive-compulsive disorder 、OCD)の過酷な症状について語っていた。

双子で強迫性障害というのは目を惹いたのでしょうね。テレビに出たり、お母様もインタビューに答えたりしていたとのこと。

OCDの症状のため、二人は働くことも、旅行に出ることも、お互いや母親を含め他人に触れることもできなかった。

強迫性障害の症状はかなり重症で、生活のほとんどが制限されていたことがうかがえます。

強迫性障害の苦しみは銃で脅迫されているイメージ

「誰かに銃を突きつけられて、その人の言うことを聞いているみたいな感じです。絶対に言われたとおりにするしかないんです。これまでありとあらゆる治療を試してきました。二人とも12歳のときから薬で治療を受けています」とアマンダさんは言う。

これを読んだとき、私と同じだと思いました。私も強迫性障害の悪化時には、まるで誰かに脅されているようだと感じていたのです。

こちらの記事に書いています。

強迫性障害を治すには強迫行為をやめたいと思うことが大事

強迫行為は、羽交い絞めにされて両手を持たれて力ずくで手洗いさせられているのではなく、頭に銃を突きつけられて「洗え」と言われているようなもの。映画に出てくる上品な悪役のように「選ぶのはお前だ」と言わんばかりに。

Twitterでもこの件より前に強迫性障害を題材にしたイラストが投稿されていて、やはり銃で脅されている絵でした。

このイラストでは銃をつきつけているのはおそらく患者本人で、そうだなあと思いました。誰かに脅されているわけではない、自分で自分を追い詰めているだけ…。

もちろん、同じ強迫性障害でも感じかたは様々で、まったく違う風に思う人もいるでしょう。

でも、銃で脅されているというのは強迫性障害のイメージのひとつとして「あるある」だと思いました。

双子の姉妹は強迫性障害の治療法「脳深部刺激療法」を受けていた

3年ほど前、姉妹は脳深部刺激療法(deep brain stimulation 、DBS)を受けており、その体験についても番組で語っていた(OCDでは他の治療法で効果がみられない場合に限ってDBSを行っている)。

<中略>

DBSは一般的に、パーキンソン病など運動障害の症状を改善するために使われることが多い。OCD患者にとっては、他の治療法で効果がみられない場合の選択肢となる。脳に電極を埋め込み、鎖骨近くの皮下に挿入した電池式の神経刺激装置とつなぐ。

<中略>

DBSを受けた後、二人はアルコールやオキシドールで消毒する回数を減らすことができ、シャワーにかける時間も短くなった。

アメリカでは、薬物療法も認知行動療法も効果がない場合は、脳深部刺激療法という手術をする選択肢があるのですね。

私はとても怖がりなので、脳の手術は恐ろしいですが…。強迫性障害がどうしても治らず、手術をすれば治るというのだったら考えるかもしれません。

手術をせずに電気とか何かで外から働きかける治療法があれば良いのですが。

強迫性障害は女性に多い?

この記事でもう一つ気になったのは、強迫性障害が男性より女性に多いと書いてあったことです。

アメリカ精神医学会の発表によると、米国でOCDを抱えているのは成人の約1.2パーセント。子どものときに症状が現れる場合もあり、平均発症年齢は19歳だ。

男性より女性に多く、症状の影響でどれだけ生活に支障があるかを示す重症度では、50パーセントが重度、35パーセントが中等度、15パーセントが軽度と分類される。

強迫性障害の本では、たいてい男女で患者数の差はないと書かれていました。研究が進んで変わったのでしょうか?

パニック障害が男性より女性のほうが患者数が多いのはよく知られています。

強迫性障害は男女差がないので、不安というパニック障害と共通の症状があっても根本的な発祥のメカニズムは違うのかと思っていましたが…。女性のほうが多いということは、やはり共通点が多いのでしょうか?

そうなると、『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』という本の説も強迫性障害にも関係してくると考えられます。

読んだ感想はこちら。
『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』の感想。強迫性障害や発達障害にも効果はある?

この本では、特に女性のうつ病やパニック障害は鉄不足を解消することで改善できると書かれています。男性でも鉄不足の人もいるそうですが、おもに女性ですね。

私もこの本を読んでから鉄不足に気をつけて、動物性たんぱく質を摂るようにしています。

が、強迫性障害にはあまり関係ないだろうけれど念のためというくらいでした。

強迫性障害も女性のほうが多いとなれば、もっと真剣に鉄不足との関連を考えなければなりません。

強迫性障害の治療は昔からは進歩したものの、まだわからない点も多いです。私にできるのは、毒にならないことは自分で試して取り入れていくことですね。

曝露反応妨害法はもちろんですが、栄養や体に働きかけることも大切にしていきたいです。

 

二人が死を選んだ理由が強迫性障害だったのかはわかりません。

うつ病では回復したときに自殺の可能性が高まると言われています。

脳深部刺激療法を受けて改善した。その少しの余裕が死を選ぶエネルギーに使われてしまったのだとしたら、とても悲しいです。

お二人のご冥福をお祈りいたします。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 強迫性障害の話題

関連記事