強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

頭の中に『赤毛のアン』のマリラが住み始めた

      2017/05/08


妄想が出てきたわけではありません。

以前も書きましたが、私は強迫行為である手洗いをしていると、もう一人の自分が「やめていいよ」とストップをかけるんです。

以前の記事。
もう一人の自分。幻聴や二重人格はこうして始まるのだろうか
強迫行為が習慣づいているので、無くせればいい

それが最近、自分ではなくて『赤毛のアン』に出てくるマリラになっています。

マリラとは、主人公のアンを引き取って育てる、アンの母親の役割をする独身女性。孤児院から引き取ったアンを、厳しいながらも愛情をもって育てる、真面目で厳格な人です。

で、『赤毛のアン』のワンシーンに、アンが何かおいしいものを食べていて、もっと食べたいと言う描写があるんですね。ケーキだったかな?ほかのお菓子だったかな?

そのときに、マリラが「いいえ、あんたはもう充分食べたんだからね」と言うのです。マリラからその言葉が出ると、アンは諦めなくてはならないのをわかっている、というエピソードです。

 

この、マリラが言ったらもうやめなくてはいけないというのが、頭にあったのでしょう。手洗いを長くし過ぎていると感じると、頭の中にマリラが登場して「いいえ、あんたはもう充分洗ったんだからね」と言ってきます。

そこでバシッとやめらればいいのですが、私はアンではないので、すぐにやめることはできず…。でも、そこそこで切りあげるようになってきました。

 

そういえば、マリラの性格は、真面目で几帳面で綺麗好きと、強迫性障害になりやすいと言われている性格です。でも、上のセリフのように、自分の中でゆるぎない価値観があり、ここまでやれば充分というのを理解しているのですから、マリラは大丈夫なのでしょうね。

 

強迫性障害が治ったら、マリラもいなくなるのでしょうか。ちょっとさみしい気もします。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 強迫性障害の辛い気持ち

関連記事