強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

市場で気持ち悪くなった。まだ肉や魚の生ものが苦手

      2017/01/27


市場に行ったら、気持ちが悪くなりました。

前にも書きましたが、強迫性障害になってから、生肉や生魚などの生ものが苦手です。触ると手や調理器具などの洗浄行為をします。

苦手ながらも買物や料理はしているので、市場に行くのも大丈夫だと思ったんですよね。別にスーパーで買物をするのと変わらないでしょうと。

ところが、市場特有の魚の生臭ささに、すっかり気持ちが悪くなってしまいました。

床が濡れていたり、血がついた魚がむき出しで並べられていたり、汚れたエプロンをつけたお店の人たちが行き来しているのも、恐怖でした。

考えてみれば、私が生肉や生魚を苦手なのは、生ものから出る汁がつくことを恐れているからなので、市場が怖いのは当たり前ですよね。行ったりして、バカでした。

これでも私、以前は魚をさばけたんですよ。面倒くさいからあまりやりませんでしたけれど…。お刺身やお寿司も大好きだし、お肉だって鶏刺しやユッケも大好きなのにな。

生ものへの恐怖は、早めに治したいです。

 

その日は少し寒くて体調も万全ではなかったし、人あたりしたのかもしれません。あと、あまりにも色々なものがあるので、どれを買おう!?と考えすぎてパニック気味になったのかも。

強迫性障害になってから、何かを判断するのがすごく大変なのです。

普段のごはんとか、自分の洋服とかはまだ選べるのですが。こういうふうに、わざわざ行った場所で、恋人にも睡蓮が選んでいいよと言われて、せっかくだからちゃんと選ばないと!と思うと、失敗するのが怖い。

不潔恐怖症でもそうだけれど、取り返しがつかないというのが怖いんですよね。

これも治したい症状のひとつです。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 料理・食器洗い

関連記事