強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

お風呂のドアをはずして洗った

      2017/01/27


お風呂のドアをはずして洗いました。もう、自分でもなにがなんだかわかりません。

うちは、お風呂に洗面所というか、小さい手洗器があるんですね。なので、トイレの後は、お風呂場に行って手を洗います。

お風呂場のドアは中折れドアで、内側にはハンドルがついていて、外側には指がはいるように凹みがついています。トイレの後に出入りするので、トイレのドアと同じくらいの汚さを感じています。

ドアの内側は、お風呂にはいっているときに毎回洗いますし、お風呂場から出るとき=手洗い後に触るので、それほど汚いと思いません。

問題はドアの外側。洗えないし、凹み(実際は凹の上下逆の形)の部分が汚い気がして、触ると手を洗っていました。

で、今日、思いきって凹みを覗きこんでみたところ。想像以上に、汚かったんですよね…。汚い気がするじゃなくて、本当に汚かったとは!

台所に面しているせいか、油汚れのように茶色くなっていました。隅っこには小さい点々もついていました。

この点々が、私の大嫌いな虫のフンではないかと考えてしまい、大変なことに。

わざわざドアの取手にフンをするか?とも思うのですが、凹みの幅が、虫が好むと言われる狭さにぴったりです。なによりも、1回その可能性が頭に浮かんでしまうと、フンだと思って対処するしかありません。

ビニール手袋をして、お掃除ウェットシートで何度も拭いたり、爪楊枝でこすったりしました。でも、なかなか汚れが取れなくて。

拭き掃除でかなり綺麗にしてから、ドアをはずしてお風呂場で洗いました。拭き掃除で綺麗にしたのは、汚れたままで洗うと、今度はお風呂場の掃除が大変になるからです。

ドアをつけ直すのが一苦労でした。しかも、1回はめたのに、またもやいつもの「洗い足りなかったかも」がわいてきて、2回洗ってつけ直しました。

そこまで洗ったのに、綺麗になったいまでも、やはり凹みに触ると手を洗っている自分がいます。

汚れているところを見てしまったあとだと、綺麗にしても、まだ汚れている気がしてしまうんですよね。気力がわいたら、また洗いなおすかもしれません。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 掃除・洗濯

関連記事