強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

洗濯日和に失敗。おりものシートを一緒に洗ってしまった

      2017/01/27


お天気が良いので、ジーンズをまとめて3本洗いました。

不潔恐怖症のわりには、ジーンズなどを複数回着るということには、不安がない私。もちろん、外出着として、しまっておく場所は分けていますが。

洗濯機の終了音が鳴り、日差しがふりそそぐベランダでジーンズを干しました。とてもいい気持ちでした。

ところが。

洗濯物をすべて取り出したところで、洗濯槽の底にへばりついている物を見つけたのです。

それは…おりものシートの包装紙でした。

頭をガーンと殴られたようなショックを受けました。

まず大事なのは、包装紙ということは、トイレでおりものシートを取り出したあとに、包装紙をジーンズのポケットに入れたということ。(汚物入れがないトイレのときは、そうしています)

つまり、トイレの中で触ったものですから、トイレの汚れがついています。

しかし、すでに洗濯をしたのですから、洗われていて大丈夫な気も。

でもでも。だって。もしあとから不安になったら…。

結局、もう1回洗いなおしてしましました。

 

気を取り直して、再びジーンズを干そうとしたところ、さらなる衝撃が。

なんと、今度はおりものシート本体が、洗濯槽の中にあったのです!

今度こそ、本当にどうしようもありません。

包装紙を見つけた時点で、本体があるかどうか確認しなかったことを悔やみました。

よく考えたら、今の私はおりものシートを着替えた後の清潔な下着にしかつけませんから(下着が汚れた上からつけると、はがすときに触りたくないのでつけられない)、外で包装紙だけが残るのはあり得ないんですよね。

問題なのは、おりものシートが使用済みか使用済みでないかということです。

外出先で交換をして、汚物入れがなくて捨てられなかった、使用済みのものかもしれません。使わないまま持ち歩いていただけかもしれません。

おりものシートをじっと見てみましたが、真っ白でシミひとつありません。使用前の可能性が高い気がしますが、洗濯で綺麗になったのかもしれません。洗濯をしたのですから、綺麗に洗われていて大丈夫な気も(以下エンドレス)

結局、使用済みである可能性を考えて、ジーンズを裏にして1回、表にして1回、計2回洗いなおしました。

心なしか、ジーンズが色褪せてしまったような気がします。

そのあと違うものも洗い、合計5回も洗濯機を回してしまいました。はあ、疲れた。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 掃除・洗濯

関連記事