強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

シャワー時間を20分に短縮してみた

   


私の最近のシャワー時間は25分です。

シャワー25分って、まだ長いほうらしいんですよ。

これ以上短くできないのかどうか、限界に挑戦してみました。

シャワー時間と強迫性障害

前に書いた記事ではリンス無しで30分でしたが、リンスもしたうえで25分になり、5分短くなりました。

シャワー時間を30分に短縮。おしっこが出る強迫観念でお風呂から出られなかった

そのころと比べるとシャワーを浴びている間の強迫観念と強迫行為は…うーん、まったく無いとは言えませんが、ほとんどなくなりました

シャワー時間を意識して短くしたというよりは、強迫観念が出ることがだんだん減って、つまづくことがなくなったから短くなった感じですね。

最後にお風呂場の床を流すときに、ややひっかかるくらいです。

たまに「やり直し」をしてしまうこともあります。それも1回だけで、2回3回と繰り返しが止まらなくなることはありません。

強迫性障害になる前のシャワーの時間もこのくらいだったし、全体的にいいんじゃないかとは思っていますが、もっと短くできるのか試してみたくなりました。

シャンプーが長いので短くしてみた

シャワーの手順を振り返ると、シャンプーの時間が長い。強迫行為ではなくて、シャンプーが好きなのです。

美容院でシャンプーをしてもらうのが気持ちいいという人は多いですが、私は自分でするシャンプーのほうが好きなくらい。美容師さんにしてもらうのは力が強すぎて苦手です。

シャンプーで7~8分かかっているので、ここを短くしてみようと思いました。

いつもは丁寧に予洗いをしたあと、まんべんなく頭皮をマッサージするように好きなだけ洗っているところを、ガーッ!ワシャワシャー!という感じで洗ってみました。

よくわからないですかね?まあ、できる限り大急ぎで洗ってみたということです(笑)

全体的にも急いだところ、シャワー20分で済ませることができました!

やっぱり気持ち悪いので好きなだけ洗うことにした

が、翌日。いつもよりも頭皮がべたつく気がするんですよね~。

がんばれば時間を短縮できることはわかりましたが、シャンプーに関しては自分が好きで長く洗っているので、いままでどおりに洗うことにしました。

なので、シャワーの時間も変わらず25分です。

やみくもに時間を短縮するのではなく、短くもできるし長くもできる。自分が苦痛を感じずに好きでやっている分には時間をかけてもいい。

そういう、ゆるい感じでいいかなと思いました。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - お風呂

関連記事