強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

トイレ後のお湯での手洗い。強迫行為を崩していく

   


本格的に寒くなってきました。我が家の手洗い器は水しか出ないので、トイレ後の手洗いがつらいです。

と言っても、家ではトイレ後の手洗いは2分くらいなので、手が冷える程度であまり支障はありません。

トイレ後のお湯での手洗いができない

そんな中で、先週、恋人の家でのことです。トイレ後に洗面所で手洗いをしていると、彼が来ました。

強迫性障害の悪化時には、手洗いをしている最中にそばにいられると不安になって洗いなおしていましたが、今は大丈夫です。

ただ、彼の家では汚れを彼に移すことが怖いので、手洗いが長いまま。手から手首にかけては、水で冷えて赤くなっていました。

彼はそれを見て驚いたように「水で手洗いしてるの!?お湯を使いなよ!」と言ってきたんです。

……。

はい、彼の家ではお湯が出ます。

私もね、最初は寒いなー水が冷たいなーと思って、お湯で洗ってみたんですよ。去年はお湯で洗っていましたし。

でも、お湯で洗ってみたら、感覚が違うせいなのか納得できなくて。お湯で洗ってから水で洗いなおしてしまったんです。

なので、彼が目撃したときには、諦めて最初から水で手洗いをしていたのでした。

水とお湯の違いで強迫行為が崩される

この問題は、自分の家と彼の家との手洗い環境の違いにあります。

うちでは水で洗うしかないので、私の中にトイレ後の手洗いは水で洗うと刷り込まれています。

夏の間はぬるい水で洗っていたはずなのに、冬になるにつれてだんだんと手洗い中の刺激が強くなり、それに慣らされて刺激を求めるようになってしまったのでしょう。

お湯だと刺激が弱いので、手洗いをしているという感覚が得られない…。冷たい思いなんかしたくないのに、変なことになってしまいました。

お湯に慣れる

お湯での手洗いができないというのは、特に困ることではありません。が、強迫行為を崩せないのは問題です。

いや、自在に強迫行為を崩せるのならとっくに完治しているのですが。なんというか、この程度のことはすぐに解消しておきたいです。

自宅に帰ってから、お湯に慣れる練習をしました。手洗い器はお湯が出ないので、台所でなるべくお湯を使うようにしました。

そして1週間後、彼の家でもお湯で手洗いをしました。はじめは不安を覚えましたが、手洗いの手順をひとつひとつしっかりと確認することで(これも強迫なので良くない)乗り切りました。

 

季節が変わるごとに、この強迫行為の衣替えとでも言うような調整は入ります。そこで屈するのではなく、きちんと抵抗していきたいです。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 手洗い

関連記事