強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

強迫性障害の錯覚がリアルすぎる

   


昨日は、トイレで手に尿がついた錯覚が3回あって悩まされました。たまにあるんですよね。

不思議なのは、いつも拭いているときに手の甲側の指に1滴ピッと跳ねたような感覚だということ。拭いているときなので、そんなつきかたをするはずは無いのです。

もしも手に尿がつくとしたら、手の平側がじわっと濡れるはず。なのにいつも、手の甲側です。

念のために濡れたと思った指にトイレットペーパーをあてても、水滴が広がる様子はありません。

ほぼ錯覚だろうと思いつつも、いつもは水だけで手洗いしているところを石鹸を使ってしまいました。

でも、4回目のトイレのときはさすがに「いい加減にしてよ」と見えない誰かにすごんで見せて(笑)、絶対に手につかないように(いつもそうしているつもりなのですが)慎重に作業を進めました。錯覚は起きませんでした。

これも強迫観念なのでしょうか。濡れたという感覚がリアルすぎて嫌になります。

 

特にストレスを感じることがあったわけでもないのですけれどね。思い当たることと言えば、仕事が少し暇なのと、寒いので外に出ていないせいでしょうか。

今日は少しでも外に出ようと思います。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - トイレ

関連記事