強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

東京OCDの会に行ってきました 2015/6/21

      2018/01/17


6/21(日)に、強迫性障害の集まりである東京OCDの会の月例会「女子のみの部屋」に参加させていただきました。3月に初参加して2回目です。

当日は家を出るのが5分ほど遅れてしまい、遅刻してしまう!という罪悪感で気が重くなりました。確認がひどいときに遅刻が増えていたせいで、遅刻を心配し過ぎるようになっています。

行きの電車では、隣の人がリュックを床に置いていて、リュックのひもがピロピロと私の足元の方に伸びているので、ひも経由で床の汚れが自分につかないかが気になりました。

会場に入ったら、ちょうど会が始まるところだったのでよかったです。

※会で聞いたお話やほかの参加者さんのことは他言無用のルールなので書きません。参加を考えられているかたも、安心して参加していただければと思います。

 

東京OCDの会の月例会は、車座になり、一人ずつ自分の近況や体験、困っていることなどを話していく形です。「女子のみの部屋」は、20人くらいいたかな。

不潔恐怖症の人が多いものの、いろいろな症状の方がいます。気になることは違っていても、細かいことにとらわれて苦しんでいるのは同じですね。

専門家のもとで行動療法をしている方のお話も聞けて、一人ではできないことも、励まして導いてもらえるようで、いいなと思いました。

 

月例会のあとで食事会とお茶会があり、両方とも参加しました。

話が病気のこととはいえ、いろいろとお話できてとても楽しかったです。

同じ不潔恐怖症の人は、同じことで引っかかっているんですね。「こんなことを気にしているのは自分だけじゃないか」と悩んでいたことが、ほかの人の口から語られるのが不思議な感じ。

私は普段、同調できないときははっきりと言うほうなのですが、この会ではあまりにも共感できるお話ばかりです。「わかるわかる」と言いすぎて、いつもの自分と違うように感じてしまうほどでした。

 

そして、外出するとつきまとうのが、トイレの悩みです。

この日の1回目のトイレは、前回に参加したときに行ったトイレだったので大丈夫でした。

問題は2回目、お茶会のお店でのトイレ。

そう新しくもない雑居ビルのトイレで、個室も1つ、手洗器も1つでした。私は手洗いの時間が長いので、手洗器が1つのトイレは嫌なのです。

1回目のトイレの建物と数分しか離れていなかったので、戻ろうかとも考えました。

でも、行動療法のお話を聞いて、自分も少し負荷をかけなきゃと思ったので、思いきって行きました。

手洗いをしている途中で、ほかのお客さんがトイレに入ったので「あの人が出てくる前に手洗いを終わらせなければ!」とがんばりました。結果、その人が出てくると同時くらいに、洗い終えることができました。

 

そもそも強迫性障害になってから、外で2回トイレに行くほど長く外出したことがなかったのです。帰宅してから、この日は10時間も外にいたことに気がついて、びっくりしました。

ここまで長く外出できて、無理だと思っていたトイレにも入れて自信がつきました。

そういえば、帰りの電車ではなにも気になることがありませんでしたね。電車に乗るとなにかしら気になることがあるのですが、帰りはなかった。

疲れていたからか、外出して気持ちがほぐれたからか、どちらにしろいいことです。

翌日は疲れが出てぐったりしていましたけれどね。少し無理をすることも大事だと実感した日でした。

東京OCDの会

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 東京OCDの会

関連記事