強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

強迫性障害の認知行動療法(曝露反応妨害法)の効果が出ない・できない理由の仮説

      2018/01/18


強迫性障害の認知行動療法である曝露反応妨害法は、効果が高い治療法と言われています。効果はどのくらいなのか、効果が出ないのはどういう場合なのかを調べてみました。

曝露反応妨害法による改善の確率

強迫性障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

一方、認知行動療法については前述したように、その導入やアドヒアランスには、患者さんの状態や動機付けの程度などが大きく関わってきます。

もしプログラムの継続・完了が達成されれば、60-90%に何らかの改善をもたらし、そのうち75%では、その有効性が長期的に維持され、さらに薬物療法のみの場合に比べ、高い再発防止効果が期待できます。

すなわち、いずれ薬物を減量していく場合でも、認知行動療法を予め学習し、曝露(不安の対象や状況への直面)、そして反応妨害(強迫行為の制御)を維持できれば、不安の増大や症状の再燃は、かなり予防できるものと考えられます。

すべての人に効果があるわけではありませんが、やり終えたら「60-90%に何らかの改善」というのは、けっこう高確率で効果が出ると言えますよね。

薬物療法だけの治療とくらべて再発が少ない、薬を飲んでも強迫行為をやめる努力は必要だという点で、私は最初から暴露反応妨害法を選びました。

曝露反応妨害法ができない理由の仮説

曝露反応妨害法ができない理由については、以下の仮説がありました。

OCD の行動療法と発症,維持,悪化,治療に関する仮説(PDF)

本稿ではOCDを,曝露反応妨害法(ERP)の有効性という観点から、1.ERPが有効であるOCDと、2.ERPが有効でないOCDに分類した.

さらに、1.をA)容易にERPが行える群と、B)何とかすればERPが可能になる群に分類した.

そのB)のERPを行いにくくしている要因として,1)高くない知的機能,2)他の精神疾患の合併,3)不合理性の自覚が不十分,4)著しい生活の障害,5)不十分な動機づけ,6)他に抱えている問題,をあげた。

そして,それらの要因に対してERPが可能になるための治療の工夫について述べた.

飯倉康郎(2011).精神経誌113巻1号

「何とかすれば曝露反応妨害法が可能になる群」で、さらに行いにくくしている要因が以下のようにあげられています。

  1. 高くない知的機能
  2. 他の精神疾患の合併
  3. 不合理性の自覚が不十分
  4. 著しい生活の障害
  5. 不十分な動機づけ
  6. 他に抱えている問題

元のPDFには曝露反応妨害法をするための対応も書かれています。

曝露反応妨害法をやりたいという気持ちがあっても、強迫観念が強すぎてできない・怖くてできないという人も多いです。できない理由はどれなのか考えてみると、打開策が見つかるかもしれません。

私の場合は、できなかった時期には「不合理性の自覚が不十分」と「不十分な動機づけ」がありました。うつ状態が続いていたら、うつ病による「他の精神疾患の合併」も出たかもしれません。

曝露反応妨害法の効果が出ない理由の仮説

OCD の行動療法と発症,維持,悪化,治療に関する仮説(PDF)

2.曝露反応妨害法(ERP)が有効でないOCD

これは,「強迫行為による不安軽減の❝悪循環❞」を呈していないタイプのOCDであり,代表例として強迫性緩慢が挙げられる.

曝露反応妨害法(ERP)が有効でないタイプとしては、代表として強迫性緩慢があげられています。また、別の精神疾患の可能性もあるそうです。

これを読むと、曝露反応妨害法の効果が出ない強迫性障害は少ないようです。

難しいのは、本人が曝露反応妨害法をやる気になる、治療の意味を理解する、強迫行為をやめる決意をできるかどうかなのでしょう。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 強迫性障害の治療法

関連記事