強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

とうとうバッグを地面に落とした

   


タイトル通り、バッグを地面に落としました。

私は地面や床すべてが汚れていると思っているので、物を落とさないようにしています。その中でも、バッグや上着などの大きいものを落とすことが恐怖でした。

強迫性障害になってから、落としたらどうしよう、どうすればいいの?対処できるの!?と心配していたのです。が、とうとう恐れていた日がやってきましたね。

バッグをお店の床に落とした

洋服屋さんで、コートを売り場で試着したんです。寒い時期ですから、すでに自分のコートは着ていてバッグも持っています。

バッグを商品棚の空いているところに置かせてもらえば良かったのですが、ナイロンの柔らかいショルダーバッグだったこともあり、うまいこと持ったままで着替えられるだろうと思ってしまいました。

いいえ、置くことにわずかな不安があったのかもしれません。棚が汚れている心配?棚から落ちる心配?置くときもあるのに、このときは置かなかったのです。

何回か試着して、バッグも自分のコートも落とさずに着替えられていました。

わりと気に入ったコートが見つかり、買っちゃおうかと鏡の前であれこれチェックして…楽しかったんですよね。

そこへ店員さんがやってきて、あれこれと商品について話し始めました。私も相槌を打ちつつ着替えていたら、バッグがすとんと床に落ちました。

本当に、床に置いたように綺麗にすとんと…。バッグの底だけが床についた形です。

店員さんは「あっ、どうぞ棚に置いてください」と言って、空いている棚を指してくれました。

けれども、私は動揺してしまって。床の汚れがついたバッグを棚に置いたら棚を汚してしまうし、何よりも買物を続けられる精神状態ではなく、いったん店を出ました。

バッグを落とした時の精神状態

あー、とうとうやってしまった。バッグを地面に落としてしまった。

でも私、意外と冷静かもしれない。だって、汚れたバッグを肩から下げているもの。バッグの底が体の横に当たっていて…平気じゃないけれど避けてはいないもの。

本当に汚いと思ったら、こんなものじゃ済まないんですよね。

何度か地面に物を落とすことを経験して、いつかこんな日が来るという覚悟はできていたのかもしれません。

 

少したって気持ちが落ち着いたので、もう一度同じショップに行きました。

すると、買おうか迷っていたコートは低いハンガーに掛けられていて、ベビーカーに乗った子供が靴を履いた足でガスガスと蹴っていました。

うん、まあね。お店の商品なんて、すべて床に落ちた可能性はあるんですよ。蹴られている可能性は考えたことがありませんでしたけれど(涙)

それでも買ってもいいかなとも思ったのですが、なんだか気持ちが覚めてしまって買いませんでした。欲しいと思っていた理想の形のコートだったんですけれどね。

落としたバッグは洗った

落としたバッグは、帰りに彼の車のシートに置くときにためらいましたが、彼は地面が平気な人なのでそのまま置きました。自宅に帰った時には、部屋の床に置けずにビニール袋の中に入れました。

そういえば私、落とした物を入れる用にスーパーのビニール袋を持ち歩いていたんですよね。家に帰るまで思い出さなかったなあ。

で、洗わずに使うことはできないかとか、革のバッグだったら洗えないんだから拭くだけにしては?とか考えてみました。

しかし、革でも拭かずにはいられないだろうし、私の場合は拭くことでの安心があまり得られないため、さっさと洗ってしまったほうが早いと判断しました。

バッグの底をウェットティッシュで2回拭いて、洗濯機で水洗い1回。洗濯槽の中を拭いて、洗剤を入れてフルコースでもう1回。

バッグの底を拭くときにあまり丁寧にできなかったので、床の汚れが洗濯機に回った気がします。でももう、どうでもいい気もします。

洗浄行為はしてしまうのですが、雑になっていると思いました。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 地面・床

関連記事