強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

花粉症の鼻水で手洗いと洗顔とゴミ捨てがつらい

      2017/01/27


3月は花粉症で鼻水が出て、少しつらかったです。朝起きると同時に鼻水が出て、薬が効くまでの数時間はずっと鼻をかんでいる状態でした。

鼻をかんだあとに手洗いをする

私は鼻をかんだあとは手洗いをするので、鼻をかむ→手洗い→鼻をかむ→手洗いの繰り返し。

おかげで、鼻をかんだあとの手洗い時間が、少し短くなったように思います。

もともと強迫性障害になる前は、鼻をかんだからといって、必ずしも手洗いをしていませんでした。なので、手洗い必須ではないという理性はあるんですよね。

こういう、自分で必要ないかも?と思っている強迫行為は減りやすいです。

洗顔は鼻水との戦い

けっこう苦労したのが洗顔です。これはいまも続いています。

なにしろ、朝起きてからの鼻水タイムのときに顔を洗わなければいけないので、鼻を洗っている間にも鼻水が出てくるんですよね。

もうこれ、どうしたらいいの?みんなはどうしているの!?

鼻をかんでからすばやく鼻のまわりを洗い、手を洗い、鼻以外の部分を洗うという風にしていたのですが。

洗顔後は当然、鼻のまわりが濡れているので、それが鼻水ではないかと気になって仕方がなく、顔を洗いなおすこともしばしば。

多いときで5~6回洗いなおしていました。これも最近では減って、せいぜい2~3回になりました。

洗い終わっても、タオルで顔を拭くと鼻水がつきそうなので、洗顔後はティッシュペーパーで顔を拭くようになりました。

最近では、薬が効いて鼻水がとまってから洗顔をするようになりました。

鼻をかんだあとのティッシュをそのまま捨てられない

鼻水でもう一つ困ったのが、鼻をかんだあとのティッシュペーパーの処理。

私は鼻水に限らず、汚いものを拭いたあとのティッシュをそのまま捨てられません。これも、強迫性障害になってからの症状です。

外で鼻をかんだときなどに、ゴミ箱が近くになかったら、なにかで包んでバッグやポケットに入れますよね?

それと同じで、汚れが表に出ないように、もう1枚のティッシュでくるんで捨てないと落ち着きません。じかにゴミ箱に捨てると、ほかのゴミに汚れがつきそうで不安なのです。

なので、ティッシュペーパーの消費量が多くて大変でした。

捨てるのはゴミ箱なのに、ゴミ箱とほかのゴミを守ろうとするなんて、ばかみたいだと思います。

この行動の原因は、私の強迫性障害の始まりが確認強迫症だったことにあります。

確認強迫症がひどいころは、何か必要なものをゴミとして捨ててしまわないか不安でした。しかし、そのあと不潔恐怖症も出たので、ゴミとして捨てたかも?と思っても、ゴミ箱の中のゴミに触ることはできません。

触れないくせに、もしかしたらゴミを見なおさなければならなくなるかもしれないというだけで、いまだに「本当に汚いゴミ」はそのまま捨てられない…。

あれ?でも、トイレットペーパーの芯はだいぶ前に、そのまま捨てられるようになったんですよね。トイレットペーパーの芯もけっこう汚いと思っているのに、矛盾しています。

汚れが鼻水なので、ほかのゴミに広がりやすいと思っているのかもしれません。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 唾液・鼻水

関連記事