強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

強迫性障害の不潔恐怖症(潔癖症)を認知行動療法で治すまでのブログ。ほぼ治った寛解状態になりました

恋人に強迫性障害を理解して欲しいけれど、話したくない理由もある

      2017/01/27


日曜日に、恋人に感情を爆発させてしましました。

彼には、私がたぶん強迫性障害で、特にトイレや排泄物が怖いことは話してあります。外のトイレに気軽に入れない・手洗いに時間がかかるということは、理解してくれています。ただ、そこから広がる、いろんな物への恐怖はわかりづらいみたいです。

きっかけは、お風呂あがりの彼にお尻をくっつけられたこと。

彼が昼ごろシャワーを浴びて、裸のまま着替えを取りに行くときに、私とすれ違いそうになったんですね。

彼はふざけるのが好きなので、お尻をプリプリっと突き出して、私のお腹のあたりにくっつけたんです。病前の私なら、お腹でぐいぐい押し返すか、「もう、やめてよぅ」とわざと嫌そうなそぶりをするだけで済ませていた行動です。

しかし、いまはお尻は恐怖対象です。私は外出着を着ていましたが、ものすごい嫌悪感に襲われて、飛びのきました。そしてそのまま洗面所にかけこみ、手を洗いました。手はお尻に触れたわけではないのに、気持ちを落ち着けるために、洗わずにはいられませんでした。

本当は、服を着替えたかったのですが、着替えがありません。それに、彼はお風呂あがりなのですから、汚いわけではありません。

それでも、汚れたという感情がこみあげてきて、そんな自分が嫌で、部屋に戻って涙ぐんでしまいました。

彼は「なんでそんなに驚くの?」と不思議そうにしていましたが、私が泣いているのに気がつくと、黙って他のことをしていました。

私はかなりの泣き虫で、すぐ泣きます。ところが、彼は私が泣くのが嫌いで、よく「泣くな」と言われます。なので、私が泣いても放置されるのは、よくあることです。

でも、今回はきつかったので、彼に「なんで放っておくの?」と言って責めてしまいました。

彼は、なんで泣いているかわからない、前に泣いた時に「話せないから待って」と言われた、どうしていいかわからなかった、などと言いました。はい、ごもっともです。

私が泣くのは、言いたいことが言えずに、感情が爆発してしまうときが多いんです。なので、なんで泣くのかを訊かれても、うまく話せずに口ごもってしまうんですよね。

今回も、お尻をくっつけられたのが嫌だったのですが、それは彼を汚いもの扱いしているわけなので、自分でも認めたくないし、本人にも言いたくないことです。でも、汚いという感情が強く押しよせてきたので、隠すことができずにあふれでてしまったのです。

結局、トイレやトイレに触れるお尻が汚く思えて怖いこと、自分の体でも触れないことなどを、説明しました。話しながら、大泣きしてしまいました。

いつもそうです。強迫性障害の症状を話すとき、冷静には話せないのです。どうしてみんなができること、病前の自分が普通にしていたことができないのかと思うと、馬鹿みたいで、情けなくてたまりません。

彼は、ちゃんと話を聞いてくれて、慰めてくれて、自分も気をつけると言ってくれました。

でも、私は「気をつけなくていいよ」と言いました。私は強迫性障害がひどくなったときに、「巻き込み」(まわりの人を強迫行為に巻き込むこと)だけはしたくないと思いました。自分のせいで彼や他の人たちを巻き込んだら、ますます辛くなってしまいます。

自分の恐怖対象が何かを、彼に細く伝えていないのも、「巻き込み」をしたくないからです。それにもう一つ、自分が汚いと思うあれこれを教えて、もし彼まで強迫性障害になってしまったらと思うと、怖くて言えません。

こういう性格も、強迫性障害になりやすい要素なのでしょうか?

強迫性障害の病例で「巻き込み」の様子が書かれていると、自分はそうしたくないと思う反面、人に頼れることを羨ましくも思います。自分も結局、爆発してぶつけてるんですけれどね。

 

このあとは、気分を落ち着けて投票に行き、穏やかに過ごしました。ほとんどの時間を普通に過ごせるだけに、たまにこうして爆発することが、彼も不思議なようですし、自分でも申し訳なくて悲しくなります。

強迫性障害になる前に戻れたらいいのに…。いや、自分の力できっと戻る。そう決めたんだから、またがんばります。

↓参加中。ほかの強迫性障害のブログが見られます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 強迫性障害(強迫神経症)ブログランキング

スポンサーリンク

 - 恋人・巻き込み

関連記事