曝露反応妨害法4日目。膝に触る・外出着のまま家の中で過ごす

スポンサーリンク

「膝に触る」「外出着のまま家の中で過ごす」をやりました。

曝露反応妨害法4日目の不安階層表

行動 不安尺度
外出着のまま家の中で過ごす 70
膝に触る 60

膝に触る

3日目に「膝に触る」に対して強い抵抗を感じてできなかったので、土日の間も、服の上から触って練習をしました。と言っても、外で過ごしていたので、強迫観念はゆるめです。

4日目に、自宅で、まずは服の上から膝に触りました。手を洗いたくなりますが、そのまま我慢して聖域に広げました。

膝は、私の中ではトイレの汚れがついているため、触るのが怖いです。その意識は、変えられていません。

でも、触れるようになりたい。

そのためには、「本当は汚くないから触る」や「大丈夫だから触る」というのは無理で、「触れるようになりたいから触る」しかない。

ズボンの裾をまくって、膝を出して、触りました。強迫性障害になってから、お風呂で洗うときにしか触っていません。ひさしぶりの感触です。

すべすべして、膝をつく部分がカサカサして、なつかしい気持ちになりました。病前は、このカサカサを気にして、ハンドクリームと同じくらい頻繁に、膝にもクリームを塗っていたのです。もちろん、触ったあとで手洗いはしていませんでした。

膝は、怖くない。汚くない。

 

ところが、その手を聖域に広げようとすると、ものすごく抵抗があります。

トイレの汚れをつけてしまっていいの?あとで後悔して、洗ったり拭いたりすることにならない?

胸の前で、手術前の医者のように持ちあげた手を、どこにもおくことができません。

今日も、できないままで終わるのは嫌だ。

最初の、怖さのピークが少し下がったところで、膝にズボンをかけて、服の上からもう一度、膝を触りました。服の表にも、膝の汚れをつけたことになります。

涙が出て、膝にこぼれ落ちました。

怖いのと、なんでこんな苦労をしているんだろうという情けない気持ちとで、しばらく膝を抱えて泣きました。

感情が高ぶって疲れたので、そのまま横になって少し休みました。

気持ちが落ちついてから起きあがり、汚れタオルに汚れをつけました。

怖いけれど、触れるようになりたいから、手は洗わない。怖さを直視したくなくて考えないようにしている、無心のような、諦めのような気持ちでした。

体やパソコンといった聖域にも広げ、そのあとも、数時間ごとに膝に触るようにしました。

触れなくてもいいのかなという気持ちも、まだ残っています。

けれども、触れなかったら膝を出した服も着れないので、やっぱり不自由だと思うんですよね。

なんとか慣れて、平気になりたいです。

外出着のまま家の中で過ごす

「外出着のまま家の中で過ごす」は、わりと順調にできました。靴下だけは、履き替えてしまいました。

最初は「うーん、やっちゃっていいのかな」とためらいましたが、えいっとパソコン机に座ると、あっけなかったです。

外出着の袖がパソコン机に触れている!とか、外の椅子に座ったお尻で家の椅子に座ってしまった!とかは、思いましたけれどね。

外で触ったスマホを、パソコン机はもちろん、あちこちに置いていたので、すでに汚れがまぶされていた感覚で、楽にできたのかもしれません。

 

やってみるまでは、私はもう、外出着で家の中で過ごすことは、ないんじゃないかと思っていました。貫きとおそうと思えば、とおせることですし、そういう人もいっぱいいます。

けれども、彼の家や実家では外出着のまま過ごして、好きなタイミングで部屋着に着替えていることを考えると、窮屈です。自分が人のうちを汚すのは平気で、自分のうちは守りたいというのも身勝手ですよね。

外出着のまま部屋にいたくないということは、外出着を着ている人を家に入れたくないということにもなります。それも不自由さが高いです。

 

私はもともと、外出着のままで家で過ごすことは少なく、帰宅するとすぐに部屋着に着替えていました。ただ、それは汚いからではなく、楽だからです。

ゴミ捨てやコンビニに行くときは、部屋着の上に上着を着る程度で出たりと、部屋着と外出着を明確に分けてもいませんでした。

なのに、強迫性障害になってから、「少しでも外に出たら、絶対に着替えなくてはならない」になってしまったのが、苦痛でした。

部屋着で近所に出て、帰ってきてからもそのままというのも、やりたいです。たぶんもう、できるんじゃないかな?

その他。トイレの壁や床は大丈夫になったかも?

外の汚れに慣れてきて、直接的なトイレの汚れ以外には、寛容になってきた気がします。

例えば、恋人の家でトイレに行ったときに、まくっていたズボンの裾が落ちてしまい、床に触れてしまったのですが、「あー」と思う程度で流して、着替えずにすませました。

トイレの壁にも、わりとしっかりと腕をぶつけてしまいました。それも「あー」と思って、腕は洗いませんでした。洗いづらい部分をぶつけたので、面倒くさかったのです。

自分の家ならわかるのですが、彼の家でこれで済んだことが、自分でもびっくりでした。

彼は男性なので、気をつけていても、トイレの床や壁に飛び散りがあると思うんですよね。まめに掃除しているようにも見えないので、申し訳ないけれど、床や壁はうちのトイレよりも恐怖度が高いです。

2ヶ月くらい前だったかな。彼の家の便器の蓋に、服の肘がついてしまい、半べそをかいてトイレから出てきたこともありました。服は着替えました。

いま同じ状況になったら…、「うー」くらいで済むかも?(笑)

曝露反応妨害法4日目をやった感想

「膝に触る」がとても辛く、不安階層表で上位の「外出着のまま家の中で過ごす」は楽にできて、ギャップを感じました。

できるようにならなくていい!と、不安階層表に入れていないものも、やってみたら平気だったりするのでしょうか。それはまた、一区切りついたら考えたいです。

いままでに克服した、足・中古本・バッグは、定期的に触るようにしています。まだ少しドキドキしますが、最初に触ったときと比べると、かなり不安が小さくなりました。

 

手洗いありで曝露反応妨害法をやるのは、気持ち的には楽でも、しばらく手洗いをしなくていい時間を確保するのが大変です。1回につき、最低1時間は時間を取るようにしています。

日常では、最低限でもかなり手洗いをしているのですね。トイレ・外出後・食事前のほかに、料理、食器洗い、洗濯、掃除、ゴミ捨て、歯磨き、などなど。

一人暮らしでもこれだけあるのだから、主婦の人などは、家事をしながら曝露反応妨害法をやるのは、かなり難しいのではないかと思いました。

 

5日目は、「入浴後の腰・太ももに触る」「服の上から腰・太ももに触る」をやります。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました