強迫性障害の情報サイトまとめ

スポンサーリンク

私は強迫性障害になって、はじめて強迫性障害という病気があることを知りました。

強迫性障害を理解するためにインターネットや本を読みあさりましたが、「やめたいのにやめられない病気」「でも治療方法はやめるしかない」という感じで、なかなか難しかったです。

特に曝露反応妨害法は難しく、最初のころはずいぶん間違えた理解をしてしまいました。

いまでもネットを見ていると、それは違うんじゃないかな?という内容のものも見かけます。

そこでこの記事では、信頼のおける強迫性障害の情報サイトをまとめました。

自分や家族が強迫性障害になったけれど、どんな病気なのかわからないという人に、役立てていただければ嬉しいです。

強迫性障害とは?どんな病気かという基礎知識

強迫性障害 – こころの病気を知る – 厚生労働省
まずは厚生労働省のサイト。強迫性障害の基本的なことが書かれています。

【精神科医が解説】強迫性障害(強迫神経症)の症状・診断・治療について | こころみ医学
具体例や細部についても書かれています。特に、強迫性障害に認知タイプと運動性タイプがあることは知っておきたいです。

強迫性障害とは-QOL(生活の質)に影響する重大疾病
全6記事で詳しく書かれています。巻き込みやチック・皮膚むしり症などの関連症についても書かれています。

心の病気の情報サイト

精神疾患・メンタルヘルス – テーマ別情報・窓口 | NHKハートネット
相談窓口・支援団体、医療費、生活支援、就業についての情報。

みんなのメンタルヘルス|厚生労働省
充実している反面、ページ数が多いので必要な情報を探しにくいかもしれません。

身近にある地域の相談窓口 – 厚生労働省
相談先がまとめられています。

心の健康 |厚生労働省
うつ病や強迫性障害のための認知行動療法マニュアルがダウンロードできます。

強迫性障害の情報サイト

OCDサポート
3-1.どこに受診すればいい?
病院の探しかたや「医療・心理機関リスト」が掲載されています。

医師・臨床心理士のサイト・Twitter・YouTube

強迫性障害を専門的に診ている先生のサイトやTwitterです。

臨床心理士 鈴木淳也先生

サイト
KOMAYAMAカウンセリングオフィス

Twitter
Twitter@komayamaco

YouTube
鈴木淳也 – YouTube

LINEグループ
LINEを使った強迫性障害のグループに参加しませんか? – KOMAYAMA COUNSELING OFFICE

臨床心理士 矢野宏之先生

サイト
EMDR專門カウンセリング・ルーム リソルサ B side

Twitter
Twitter@hiroyuki_83

YouTube
矢野宏之 – YouTube

LINEグループ
LINEグループ | EMDR專門カウンセリング・ルーム リソルサ B side

鈴木淳也先生と矢野宏之先生は、患者向けに発信されています。サイト・Twitter・YouTubeすべておすすめです。

精神科専門医 原井宏明先生

サイト
原井クリニック

個人サイト
原井宏明の情報公開・HARAI Hiroaki Repository

Twitter
Twitter@hharai

公認心理師 岡嶋美代先生

サイト
BTCセンター

Twitter
Twitter@piwi34

原井宏明先生と岡嶋美代先生は、『図解やさしくわかる強迫性障害』の著者です。サイトは、どちらかというと治療者向けです。難しいですが、わからないなりに読んでいると発見があります。

強迫性障害の患者会・家族会

OCDの会
強迫性障害の患者と家族の会です。コミュニケーションの場として月例会を開催しています。熊本、名古屋、東京、静岡、長野、北海道。

OCDお話会 – OCDサポート
強迫性障害の患者と家族の会です。『OCDサポート Japan』主催。東京都・三鷹。

強迫友の会 OBRI オブリ(京都・大阪)
強迫症状のある当事者とその家族、支援者の交流会です。京都・大阪。

最近はGoogle検索で強迫性障害について検索すると、病院の「強迫性障害とは?」というページばかり出てきてしまい、幅広い情報にたどりつきづらいです。

様々な情報を載せているサイトや、リアルタイムで情報発信しているTwitterアカウントなどを見て、より理解を深めていただければと思います。

強迫性障害の本は以下のページで紹介しています。
強迫性障害におすすめの本5冊

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました