ガスコンロのロック機能を勘違いして確認していた

スポンサーリンク

もう一つ、これは最近のガスの話。

うちのガスコンロは設置型で、2口とグリルがついたものです。3つのスイッチがついています。

強迫性障害になり、ガスコンロをじろじろと見つめるようになって気がついたのですけれど、「ロック機能」もついてるんですね。スライドレバーで、これでロックするとスイッチが押せなくなるという仕組みです。

病前は存在すら気がついていませんでしたが、これは便利。

と言っても、私は、ロックがかかったかを確認するためにスイッチを押すことはできません。スイッチを触ると、火が消えていたのに、またつけてしまうのではないかと怖いからです。

でもまあ、スイッチが二重になったようなものなので、安心だなと思っていたのです。

 

ところが先日、ロックレバーが2つあることに気がつきました。

そう、私は、ロックレバーは左に1つあるだけだと思っていたのです!1つで、3つのスイッチすべてにロックがかかるのだと。

実際は2つあり、左のガスコンロと、右のガスコンロ+グリルとで、レバーがわかれていました。つまりいままでは、左のガスコンロ1つしか、ロックをかけていなかったのです。

なんだか力が抜けて、ばかばかしくなりました。ロックなんて、してもしなくても大丈夫だったじゃない、と。

考えてみれば、ロック機能に気がつくまではロックなんてしていなかったのですから、当たり前のことなんですよね。

 

それからは、2つのロックをかけるようにはなりましたが、ロックをかけ忘れても大丈夫という程度の気持ちでかけています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました