また反動。強迫行為をやめるのは簡単にはいかない

スポンサーリンク

昨日、腕洗いをやめて、今日。そう簡単にはいかないというのを、実感しております。今日のトイレ後の手洗いは、全然、お風呂場の手洗器だけで済ませられませんでした。

1回目のトイレ。右腕が太ももに触れて、腕洗いをした。
2回目のトイレ。手洗器だけで済ませた。
3回目のトイレ。右腕が太ももに…以下同。
4回目のトイレ。拭き方を試していたら汚れた気がして、腕洗いをした。

特に4回目の手洗いでは、腕はどこにも触れなかったのに、トイレに長くいたために汚い感覚がして。最近では珍しいほど長く洗ってしまい、凹みました。

腕が汚れるかどうかを注意するようになったので、トイレでの拭き方があらためて気になったんですよね。

不潔恐怖症で手に尿がつくのも、拭き残しも怖いから、すごく気をつけて拭いています。そのために下の方まで拭くから、腕が太ももに触ってしまう。太ももといっても、汚れない表側の部分なのですが。

うちのトイレが小さいからかも?彼の家のトイレでは、あまりつくことはありません。

 

このところ、トイレ後の手洗いを短くするのを集中的にやっていて、自分でも驚くほどスムーズに進んでいました。このくらいの反動は、あって当たり前なのかもしれません。

頭がやんわりと締めつけられるように重い。

今日は考えるのをやめて、明日からまたがんばります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました