強迫性障害を治して楽しく生きる

スポンサーリンク

2014年も、今日で終わりです。

今年は私にとって「強迫性障害になった年」になってしまいました。辛く悲しい年でした。たくさん泣いて、たくさん悩みました。

強迫観念で頭がいっぱいになって、どうして強迫性障害になってしまったのか考えて、なんとか治せないか考えて。考えるのも疲れて、一時期は、死んだように過ごしていました。

40数年を生きてきて、強迫性障害になる前にも、それなりに辛い思いをしたことはあります。

どん底に落ちたときに、私がいつも考えること。それは。

 

生きたいのか?

 

ということです。

死にそうなほど辛い思い、吐きそうなほど苦しい気持ち、実際に物を食べられなくなる自分。食べられないというのは、生きることを拒否する気持ちのあらわれです。

このまま食べずに、死んでしまいたいのか?それとも、まだ生きたいのか?

どんなに辛くても、死を選ばなかったのなら生きることを選んでいる。そして、生きるなら楽しく生きたい。

それが、私の人生観です。

 

絶対に強迫性障害を治して、楽しく生きる。強迫性障害にとらわれている時間を、少しでも短くする。

そのために、来年もコツコツとがんばります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました