地面の茶色い汚れに近づけた

スポンサーリンク

1か月くらい前の話です。近所を歩いていると、道に茶色い汚れが点々と落ちていました。

知っている汚れなのに犬のフンだと思ってしまう

えっ、何この茶色いの!?と思ったのもつかの間、その道端に大きい花が咲く樹があり、この季節には花が落ちてくることを思い出しました。

もしゃもしゃとした、細かい花が房になっている花なんです。

樹で咲いているときは綺麗なのですが、地面に落ちて踏まれると細かいせいかすぐに茶色くなります。

と、そこまで知っていながら、私はその地面の茶色い汚れが犬のフンではないか?と思ってしまうわけです。

いやいや、すぐ横に樹があるじゃない。第一、犬のフンがこんなにいっぱい落ちているわけないよ。

そうは思っても不安なんですよね。

犬のフンじゃない、絶対に違う、よく見ればわかる。

そう思った私は、近づいてしゃがみこんで汚れを確認しようと目をこらし…あっ!と思いました。

汚れに近づけている自分に気がついた

水濡れがおしっこではないかという錯覚でも書きましたが、私は本当に汚いと思っていると汚れに近づけないのです。

いままでは道に何か不審な汚れがあっても、自分に汚れが移ることを恐れて近づけませんでした。

最低でも距離にして1メートルは確保。しゃがんで見るなどということはできず、立ったまま腰をちょびっと曲げるのが限界でした。

汚れが何なのか確認したくてたまらないのに、足早に立ち去るしかできませんでした。

それが、ごく自然にしゃがんで見ていました。

そうか、私もう汚れに近づけるのかな?それとも、本当は犬のフンじゃないと確信しているのかな?

そんなことを考えつつ、その場を立ち去りました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました