生理の失敗が続いた。なんなんだ、いったい

スポンサーリンク

生理のときに、ひさしぶりに失敗して、部屋着のズボンと下着を汚してしまいました。

強迫性障害になってからは、トイレに入って脱ぎ着するときにも緊張して、かなり慎重におこなっていました。が、最近ではその緊張もとけて、あまり気にせずササッとできるようになっていました。

それが裏目に出たと言いますか。

トイレで下着を脱いだときに経血がたれて、ズボンと下着を汚してしまったのですよ。

若いころは生理で失敗して洋服やシーツを汚すこともありましたが、この年になるといい加減、そういうこともなくなっていたのでショックでした。

トイレの床は汚れた形跡はないけれど、しっかりと掃除してしまいました。

シャワーを浴びて、ズボンと下着を予洗い。洗濯機で水洗いを1回したあと、本洗いして終了。

前にトイレで失敗をしたときは、予洗いしたあと、洗濯機で2回洗いして、洗濯機を掃除して、さらにすすぎを1回したので、かなり洗浄行為を減らせています。

理想は、予洗いをしているのだから、洗濯機では本洗い1回だけで済ませられるといいのですけれど、まあ、そこは大目に見ます。

精神的にも、前はダメージが大きくて翌日は寝込んだほどだったのに、今回は数時間後には回復できました。

と、ここまでは良かったのですが。

なんと、このあと3日続けて、失敗をしてしまったのです!

さすがに2日目と3日目は、下着にほんの少しついただけでしたが、パターンがまったく同じ、トイレで下着を脱いだときで。1日目の失敗のあとですから、当然、気をつけているのに、どうして!?と、軽く発狂しそうでした。

そのあと数日は、トイレに行くのが怖くなり、水分を控えたり我慢したりしてしまいました。

加齢と運動不足でコントロールがきかなくなっているのかな。

骨盤底を鍛えるといいそうなので、トイレ後にトレーニングをすることにしました。忘れずに習慣づけたいです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました