ひさしぶりに外のトイレに入れた

ひさしぶりに、外のトイレに入れました。

何度も書いていますが、私はただいまトイレ後の手洗いで、腕洗いをしないようにしています。腕を洗う範囲や時間は減ってきましたが、やはり手首から先だけというわけにはいきません。

手洗いが障害となり、コートを着る季節になってから、まったく外のトイレに入っていない…。このままでは、外のトイレに行くこと自体が強迫対象になってしまいます。

 

というか、みんなが外出先のトイレでどうしているのか?というのを調べているうちに、だんだんと、外の便器も汚いと思い始めてしまったんですよね。

理由は2つ。

一つ目は、女性で便座から腰を浮かせて、中腰で小をする人がいるということ。しかも、わりと多いらしい?

便座との間に距離が出るので、失敗すると便器の中におしっこがはいりません。以前から、便座の上におしっこらしきものがついていることがあるのが疑問でしたが、そういうことなのか。

たぶん、失敗した人の大多数は、便座をトイレットペーパーで拭いて出て行くはず。それって乾拭きだけじゃないですか!と思ったら、すごく気持ち悪くなりました。

二つ目は、外のトイレ掃除について。トイレ掃除の人は、一つの雑巾でいろんなところを拭くということが書かれている記事を読みました。

たしかに考えてみれば、便器を一つ拭くたびに雑巾を取り替えている人なんて見たことがない。ということは、便や尿などの排泄物の汚れがついた雑巾で便座を拭いている可能性が高いわけです。

ちなみに私は、水に流せるシートで掃除をしているので、便座の座る面や裏側や側面ごとにシートを分けています。

外のトイレの便座にはペーパーなどを敷かなくても座れていたのに、この2つを知った以上、無理かも。というか、もう外のトイレに入りたくない気持ちになりました。

 

これはまずい。せっかく強迫性障害がよくなってきているのに、外のトイレに行けないと、行動範囲が狭まります。早いうちに外のトイレに行ってしまったほうがいい。

そう思ったので、ホームセンターに行ったときに、トイレに行くことにしました。

ただし、まだコートを着たままでトイレに行けないので、コートを車に置いて行きました。寒かったです(笑)

そのホームセンターは新しいので、トイレもめちゃくちゃきれいでした。ちょうどお掃除の人が掃除を終えて、雑巾を洗面所で洗っていました。

普通なら、掃除の人を見かければ、綺麗になったばかりでラッキーだと思うのでしょう。が、いまの私は申し訳ないことに、余計に汚いように思えてしまいます。

便座に直接座ることはできず、備え付けの除菌スプレーで拭いて、トイレットペーパーを便座に敷いて座りました。

ドアフックにかけたバッグを持つときに、「手を洗う前なのに嫌だな」と思いましたが、秋まではしていたことだからと我慢して、拭くのに使わない左手で持ちました。

 

いよいよ、手洗いです。トイレに入る前に腕まくりをしているので、腕から洗うことはできます。

水が自動センサーで、手をかざしている間しか出ないのと、お掃除の人が雑巾を洗っていたのが気になり、洗面ボウルをしつこく流してしまいました。家よりも時間が長くかかりました。

手を洗っている間に、トイレに入ってきた人が次々と個室に入り、手を洗い、出ていきます。すいているトイレでしたが、時間をあけて3人の方がトイレと手洗いを済ませました。

その間、ずっと手を洗い続ける私。人目は気にならない性格ですが、人の3倍以上の時間がかかっていると思うと、あらためて自分の異常さを思い知らされます。

トイレを出たあと、お掃除したてでトイレの床が濡れていたので、足が汚れたような感覚に襲われました。こっそり靴の裏を見て、乾いているのを確認して、必死で振り払いました。

 

スムーズとはいきませんでしたが、ひさしぶりに外のトイレに入れて嬉しいです。トイレに入れて嬉しいって、変ですね(笑)

あと、ちょっと気になったこと。次の日も同じお店に行ったので、またトイレに入ったのですけれど、2日にわたり、ほかの人は誰も石鹸を使っていませんでした。強迫性障害になる前を思い返しても、石鹸を使って手を洗っている人はほとんど見たことがないです。

アンケートでは、トイレ小のあと石鹸で手洗いをする人は半分弱というのを見たんですよね。回答者が偏っているのかな。
トイレ後の手洗い、どうしてる? 大の後でも洗わない人が3%|フレッシャーズ報道|フレッシャーズ マイナビスチューデント

手洗いの時間がまだまだ長いというのも実感したので、石鹸を使わなければ、もっと短くできるのかなと考えてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました