工事現場の外壁洗浄の水で強迫性障害が出た

スポンサーリンク

工事現場の横を通ったら、外壁洗浄の水がかかって濡れました。

嫌な気持ちになりましたし、動揺して不安を解消するために検索しまくってしまいました。強迫性障害の症状です。

工事現場の外壁洗浄の水がかかった

工事現場の横を通ったら上から霧のような水が降ってきて、頭から爪先までの左半身がうっすらと濡れました。

正確に言うと、髪の毛と顔とマフラーとコートと手とズボンと靴が濡れました。

思わず「わーっ」と声をあげて逃げました。

振り返って見ると、マンションに足場がかかっていて、2階の高さで作業をしている人がいました。

どうやら、マンションの外壁洗浄をしていたみたいです。塗装工事などの前にする作業ですね。

建物全体は足場ごとメッシュのようなシートで覆われていたのですが、風向きなのか隙間からなのか、水が飛び出して私にかかったみたいです。

すでに暗くなりかけていたので、はっきりとは見えませんでした。

水音は聞こえていたのに道を変えなかったことを、とても後悔しました。シートがあるので、まさか水がかかるとは思いませんでした。

外壁洗浄の水は汚いかどうか

工事の人は私に水がかかったことに気がついたはずです。しかし、私が現場から(というか水から)素早く離れたため、謝ってくることはありませんでした。

できれば謝って欲しかったですけれど、強迫性障害的には問題はそこではありません。

はい、そうです。かかった水が汚いかどうかですね。

最初は水かどうかも確信がもてず、その場で検索してしまいました。検索したら、まず外壁洗浄の水だと思えました。

普通に考えれば、ただの水ですから汚くありません。にわか雨に濡れたようなものです。

しかし、外壁に当たって跳ね返ってきた水です。そうなると、外壁に体がぶつかった状態の1/10から1/100くらいは汚いかもしれません。

せめて上のほうでよかったです。2階以上なら、汚れといっても雨とほこりくらいですからね。

建物の1階の外壁だと、犬や人のあれこれで汚れている気がするのです。まあ、マンションのベランダ側だったので、それも無さそうですが。

と、そこまで考えたところで、そもそも洗浄機のシャワーヘッド部分が汚くて、そこから出てくる水も汚いのではと考えてしまいました。

以前に汚いところを洗浄して汚れがヘッドに跳ね返って…。

そう思いついたら、一気に汚れたような気がしてきました。

工事の人に確認するのを我慢した

そもそも、かかったのは外壁洗浄の水だろうか?本当にただの水だろうか?

工事現場に戻って、工事の人に確認したい気持ちに駆られました。

いや、違う。水だということはわかっているのです。

もし水じゃなくて害のあるものだとしたら、私にかかるはずがありません。工事側としても、通行人にかからないように十分に注意するはずです。

本来なら水でも人にかけてはいけません。が、やはりたかが水だという認識のため、人にかかるような作業をしてしまったのでしょう。

つまり、もし工事の人に「何かかかったんですけれど」と言ったところで、たぶん「申し訳ありません、水です」と謝られるだけでしょう。

世間一般の常識では、ちょっと水がかかったくらい、たいしたことではありません。

私が気にしすぎているだけなのです。

戻って、また濡れるかもしれないのも怖かったです。

前にも水をかけられたことがある

そういえば、前にも道を歩いていて水をかけられたことがありました。

おじさんが高い壁の上に置いた植木に水やりをしていて、じょうろから出た水だか葉っぱに当たって跳ねた水だかが、私の腕にかかったのです。

私が呆然としている間に、おじさんは何も言わずに家の中に入っていきました。

あのときも汚れた気持ちになりましたが、そのあとどうしたかは覚えていません。

ご飯を食べに行くところだったので、食べには行って、帰ってからお風呂に入ってよしとした気がします。

夏だったから服もぜんぶ洗濯できたのかな?

洗浄行為はしないことにした

今回は冬で、マフラーとコートとリュックが濡れたのが痛いです。

ウェットティッシュで拭きたい気持ちもありましたが、拭かないことにしました。

帰宅してすぐシャワーを浴びたかったですが、それも我慢して、いまこのブログを書いています。しばらく部屋で過ごして、いつも入る時間になってから入ります。

外壁を洗った水は汚いと言えば汚いですが、要するに空気と一緒なのですよ。

空気だって、外壁をなでたものが私の髪も顔もコートもなでているのですから。

汚いけれど汚くていいし、洗浄行為が必要なほど汚いと判断していては普通に暮らせないのです。

と言いつつ、帰宅してからも水がかかったら汚いか検索してしまいました。

私にとって工事の水よりもっと汚い水がかかったのを笑い話にしている人がいて、すこしほっとしました。

巻き込みも今日は我慢する

恋人に話をして、そのくらい大丈夫だよ、汚くないよと言って欲しくなりました。強迫性障害の症状である巻き込みです。

巻き込みは駄目だと知っている彼ですから、汚いと言われるかな?

なんと言われようと、彼が本当に汚いと思っているのか思っていないのか、私にはわかります。巻き込み確認になるので、今日は連絡しません。

そもそも、巻き込む相手がいなかったら巻き込みなんかできないんだし。

ただ、週末は一緒にいるので、「こんなことがあったんだよ」と話すとともに確認してしまうでしょうね。

万が一、彼が「それは自分でも汚くて嫌だ」と言ったら、どん底に突き落とされるでしょう。

彼が汚いと思っても、世間一般の人が汚いと思っても、私はこのくらいの汚れはいいと決めたのだから受け止めます。

話さないのが最善かもしれませんが、強迫を抜きにしても、水をかけられたのは話して憂さ晴らししたく…。そこまでの我慢はできないかな。

アクシデントに対する反応は薄くなったとはいえ、こうしてごちゃごちゃ考えるのも減らしたいです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました