コロナ禍の前に体調管理ができていてよかった

スポンサーリンク

新型コロナウイルスが流行してから、しみじみと思ったこと。

  • 強迫性障害を治してよかった
  • 体調管理をしてよかった
  • ダイエットをしてよかった

この3つは、本当にやっておいてよかったです。

強迫性障害で体調不良のままコロナの流行が始まっていたら、どうなっていたか…。

というのも、やはりコロナ禍となってから強迫性障害の症状が出たり、体調が悪くなったりと不調が出ているのですよね。ステイホームしすぎて、体重も少し増えてしまいました。

強迫性障害のまま、太って不健康なままコロナ禍に突入していたら、もっとひどいことになっていたでしょう。

『うつ消しごはん』で体調管理とダイエットをしていたので、なんとか乗りきれているなあと思います。

『うつ消しごはん』はもうすぐ 発売から2年経つのに、いまだに売れていてびっくり。コロナで再注目されているのでしょうか。

強迫性障害の治療と体調管理については以下のカテゴリに書いてあります。

強迫性障害を自分で治す

認知行動療法の実践

うつ消しごはんの実践

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました