曝露反応妨害法をやりたい人は必須!矢野先生のツイキャス

スポンサーリンク

「強迫性障害を知る週間」のときに、臨床心理士の矢野宏之先生がツイキャスで公開講座をしてくださいました。

これ、強迫性障害を治したい人・曝露反応妨害法をやりたい人には、ぜひぜひ聞いて欲しいです!

私は本を読みながら曝露反応妨害法をやりましたが、本は最新情報とは言えませんし、わからないことも出てきます。

そういった細かい疑問点を、しっかり解説してくれています。

30分×5枠=2時間30分と長いですが、とても聞きやすかったですよ。

1枠目のコメント欄からスライドもダウンロードできるので、興味があるところだけでも聞いてみてはいかがでしょうか。

矢野宏之:強迫症の調査研究やってます (@hiroyuki_83) さんのライブ – ツイキャス
※()内にスライドの対応ページを入れました。

  1. 1枠目 ラジオ #573258837(P1~)
  2. 2枠目 ラジオ #573263343(P14~)
  3. 3枠目 ラジオ #573268278(P25~)
  4. 4枠目 ラジオ #573273908(P37~)
  5. 5枠目 ラジオ #573280374(P43~)

特に、以下の部分がとてもよかったです。

  • 治療でよくある誤解(P29)
    └「強迫行為を我慢する」は治療にならない…など
  • 暴露のここをチェック(P34)
    └強迫観念が浮かぶ前にする…など
  • 暴露を最適化する(P38)
    └暴露するものにポジティブなイメージをもたせる…など
  • 暴露の知識をup date!(P39)
    └「不安が下がる」は不要…など
  • 隠れた症状:「回避」(P46)
    └強迫観念・強迫行為の時間ではなく、「回避」が減ったか?(できることが増えたか?)で改善を考える…など

強迫性障害の治療も日々進化しているのですね。

ただ、これは個人的な考えですが「正しい方法」にこだわり過ぎないほうがいいかなーと。

私は正しい方法にこだわっていましたし、間違えることをすごく恐れていました。

でも、失敗を恐れて行動できなかったら意味がありませんので、最終的には自分ができる方法を選びました。

“いまは”こういうやり方が良しとされているけれど、違ってもいいというくらいの意識で挑戦するのがいいと思います。

実際に、私がやった当時の「正しい方法」は否定されている部分もありましたが、ちゃんと治っているので問題ないです。

矢野宏之先生のサイト
EMDR專門カウンセリング・ルーム リソルサ B side

Twitter
Twitter@hiroyuki_83

2019年11月23日(土)~11月25日(月)に福岡県で強迫症の集中治療を行われるそうです。
強迫症の集中治療(11月)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました