栄養療法・うつ消しごはん

早く寝たいのに眠れない私が食事の時間を早くしたら眠れた

私は夜2時か3時ごろに寝て、朝は9時か10時ごろに起きる生活をしてきました。 もう少し朝型にしたいと思いつつ、なかなかできませんでした。 と...
栄養療法・うつ消しごはん

高タンパク質・糖質制限ダイエット1か月で2kg減。体が動くようになった

10月7日(日)に体重計に乗ったら人生でMAX体重を記録して、慌ててダイエットを始めました。 適正体重の範囲を超えたので、4kg減らすのが目標。美...
脳・心の本

『動きが脳を変える─活力と変化を生みだすニューロ・ムーブメント』の感想

『動きが脳を変える─活力と変化を生みだすニューロ・ムーブメント』を読みました。 著者はアナット・バニエルさん。脳を活性化させるための方法を「ニュー...
脳・心の本

『自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと』の感想

わたなべぽんさんの『自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと』を読みました。 コミックエッセイ『スリム美人の生活習慣をマネし...
強迫性障害の話題

12月8・9日にOCDの会 第15回市民フォーラムと行動療法研修会が開催

2018年12月8日(土)に行動療法研修会、9日(日)にOCDの会 第15回市民フォーラムが開催されるそうです。 原井宏明医師のサイトに掲載されて...
栄養療法・うつ消しごはん

高タンパク質・糖質制限でダイエットと精神安定を目指す

2014年の秋に強迫性障害が悪化して不健康に痩せたのですが、治るにつれて体重はゆるやかに戻り、必要以上に増えました(涙) とうとう自分にとっての許...
私の強迫性障害の原因と症状

私の強迫性障害の原因は脳の栄養不足もあったかもしれない

私が強迫性障害になったのは、会社に通う仕事から在宅になったときでした。 生活が変わったことが強迫性障害の原因になったのだろうというのは、前々から考...
強迫性障害を自分で治す

セロトニンを増やす食事は高タンパク質・糖質制限。鉄不足を解消するのが重要

うつ病や不安障害の原因として、脳内のセロトニンが減っているという仮説があります。 仮説ではありますが、薬物療法でもセロトニンを増やすSSRI(選択...
強迫性障害の話題

強迫性障害の治療に繋がるかもしれないミラーニューロンの実験

Yahoo!ニュースで強迫性障害と手洗いに関する記事を読みました。 Yahoo!ニュースではタイトルが「「手洗い」は衛生面だけでなく、メンタル面に...
うつ病・不安障害の本

不安が強い人や不安障害におすすめの本3冊。対処法をしっかりと教えてくれる

不安が強くて悩んでいる人や不安障害の人におすすめの本をまとめました。 強迫性障害になってから不安の連続だったので、不安への対処法が書いてある本をけ...
お気軽にシェアしてください
タイトルとURLをコピーしました